クラシカル・ホメオパシー

ホメオパシーとは

ホメオパシーは、18世紀の終わり頃にドイツの医師サムエル・ハーネマン(Samuel Hahnemann)によって形成された医療です。200年の歴史を持ち、今ヨーロッパ、インド、南米に深く根付いていて、あらゆる病気の治療に効果的に使われています。ホメオパシーには色々な流派が発達していますが、創立者ハーネマンの発想に最も近いのが、クラシカル・ホメオパシーです。
ホメオパシーは対症療法的に病気の症状だけを診るのではなく、人間全体を診て、その人が悩む病気を優しく、そして根っこから治そうとする医学療法です。そのため「ホメオパスは病気を治療するのではなく、病気を持つ人間を治療する」と言われています。