クラシカル・ホメオパシー

Living Homeopathy 特別編 

COVID-19 を手がかりに
ホメオパシーによるインフルエンザや肺炎患者の治療
(ウエブセミナー)

新型コロナウイルスが危険視されている理由の一つは、そのウイルスが引き起こすCOVID-19という病気に対して、効果的で認証された薬がまだ見つかっていないということです。

ホメオパシーは200年前から、肺炎や他のウイルス性や細菌性の感染病の患者の治療において、効果的で安全な、そしてコストが安価な方法で、数多くの確立された実績があります。

今回はウエブセミナーという形式で、ホメオパスや医療従事者向けに、ホメオパシーによるインフルエンザや肺炎患者の治療方法のキーポイントを教えます。COVID-19の治療にも役に立つように、特にCOVID-19の軽症と重症の例をあげます。COVID-19について、最新の臨床的な情報を取り入れながら、その治療のために最も検討すべきレメディーのマテリア・メディカを紹介します。そして新型コロナウイルスのホメオプロフィラクシスと Genuis epidemicus についても詳細に話します。

【開催日時】5月23日(土)14:00ー17:00
【参加料】 ¥ 5.500
【締切】5月22日(金)12:00(正午)申込締切

申し込みは以下の内容を記入のうえ、
living@ew-homeopathy.net
までメールにてお申し込みください。
1)氏名
2)ふりがな
3)住所
4)電話番号
5)生年月日
6)ホメオパシー、および医療従事について、経歴を簡単に記入してください。