クラシカル・ホメオパシー

コロナ展望。その3

コロナ数字の独占を俯瞰する

家族の者や親しい人の死は、ほとんどの人が個人的体験として知っているし、その死のリアリティも具体的に感じています。それと違って、人の死を抽象的な数のメガネを通じてみるのは、殆どの人が慣れていません。そのため、その数字が実際に何を意味にしているのか、それが多いのか少ないのか、比較や判断するためのメジャーも持っていません。「コロナ死者」と比較できるように、これから長い説明を抜きに、ランダムにいくつかの別の死者数を紹介します。

新型コロナウイルス(2020年2月ー6月中旬まで)
PCRテストによって国内で確定された
感染者数:17,799人
死亡者:952人

熱中症:1.581人(2018年)
日本では2018年6月から9月の間に 95,137人が熱中症で救急で病院に搬送され、1.581人が熱中症でなくなりました。報告されたケースや死亡者数からすると日本の「コロナ数字」に一番近い死因です。日本政府の、戦争のようなコロナ撲滅対策と比べ、気候危機対策は非常に甘くて、中途半端に見えます。

MRSA耐性菌感染:14,000 – 25,000人 (毎年)
年間の日本国内のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の感染による死者は、14,000 – 25,000人に上ると推定されます。「医療施設調査・病院報告を利用した日本の一般病床の医療全体では、MRSA症例が年間約19万人、延べ約742万日の入院増加、約3483億円の医療費増加、約2万5千人の死亡数増加になることが推計された。」(京都大学の今中雄一教授の研究チーム、websitePDF新聞記事)。

肺炎:94.661人 (2018年)
高度医療システムを誇る日本でも、2018年に94,661人が肺炎で亡くなりました。ということは、平均して毎日260人ぐらいです。亡くなるのは主に年寄りです。高齢化社会で年寄りが年々増えているため、肺炎の死亡者がずいぶん前から毎年増えています。(PDFPDF)肺炎は全世界でも国内でも感染病の中で、第一の死因です。世界中で毎年に 2,500,000 人 – 3,000,000 人が肺炎で亡くなります。(PDFwebsite)WHOによる、新型コロナウイルス関連で亡くなった人の数は、これまで 450,000人弱となっています。

自殺:20,031人(2018年)
厚生省の統計による、国内で2018年に20,031人(=毎日約 55人)は自殺という形で自分の命を止めました。(厚生省の死因簡単分類別の統計、PDF

不慮事故:41,238人(2018年)
2018年に厚生省は交通事故、転倒、転落、墜落、溺水などの不慮事故でなくなった死亡者を41,238人と発表しました。(そのうちは交通事故:4.595人、 転倒・転落・墜落:9645人、,不慮の溺死及び溺水8,021人)。(厚生省の死因簡単分類別の統計、PDF

国内を出て、もっとグローバルな関連を見ましょう。6月中旬までWHO は450,000人弱のコロナ関連の死亡者を数えています。

栄養失調による死亡者:5,000,000 人(毎年)
国際連合食糧農業機関(FAO)によりますと、毎年に開発途上国では、大凡 5,000,000 人の5歳未満の子供が栄養失調に関連する原因で亡くなります。5歳以上の子供と大人はこの数字に含まれていません。(PDF

空気汚染による死亡者:8,000,000 人(毎年)
WHOのデートに基づいて、毎年に世界中で 4,200,000 人が屋外の空気汚染の理由で命を失います。それに加えって 3,800,000人が屋内の空気汚染で無くなります。(websitePDF)大気汚染の状況が年々に改善しつつある日本でも、空気汚染による死亡者数が毎年に 40,000人を上まると言われています。(website, PDF

新型コロナウイルスのコントロール対策による新たな貧困者:500,000,000 人
新型コロナウイルス対策の結果として、主に開発途上国で 500,000,000 人が再び貧困生活に堕ちるだろうと、国連大学の研究所が推計しています。別の観点から言うと、人類の貧困撲滅のための戦いと努力で獲得された進歩は30年間ぐらい後戻りします。(PDF

この大きな害を配慮し、上記の病気や事故の致死性を考えに入れると、今年の春に殆ど全世界が施した新型コロナ対策は常識や手加減が全く抜けていたとしか言いようがありません。ウイルスのパンデミックより、センセーショナリズムや誇張された報道によって広がったパニックのほうが危ないように見えます。