クラシカル・ホメオパシー

『ホメオパシーを話す会』を始めます。

長年ホメオパシーを受けに来るクライアントから時々こういう話を聞きます。「ホメオパシーを友達にお勧めしたいのですが、よく説明できないし、日本ではホメオパシーに関する先入観が多いため、人によってはオカルト的なものとか新興宗教と誤解されることもあって、なかなか話に踏み出せません。」

確かに日本ではホメオパシーの歴史が浅いため、知名度と理解のレベルも低いです。発祥地のドイツでは自分に合った医療を探すときに、ホメオパシーが、自然に選択肢に入る医学療法であるのに対して、日本ではホメオパシーがどういうものなのか、知らないお医者さんもたくさん居ます。

そこで、日本で本物のホメオパシーを理解してもらうため、月一回、「ホメオパシーを話す会」を設けます。病気のこと、健康生活の知恵、医療の色々な選択肢、ホメオパシーの哲学などについて、毎回テーマを決めて(もちろん聞き手による提案も大歓迎)、ホメオパスの観点からお話します。私が45分ぐらい話してから、参加者皆さんとの自由会話にしようと思っています。自分の個人的な質問を持ってきて下さっても良いし、その場でホメオパスの具体的な仕事について質問していただいても結構です。

誤解を招かないように言っておきます。この会はホメオパスになりたい人のための勉強会ではないし、個人的なカウンセリングでもありません。病気と健康、生きることと死ぬこと、体と心のこと、病気との付き合い方などについて、ドイツ人のホメオパスと話しながら、ご自分の考え方の視野を広げる機会になれば良いと思っています。

『ホメオパシーを話す会』
第1回:病気礼讃
病気を邪魔者として考える人がほとんどでしょう。けれども、人の免疫力と生命力は病気を乗り超えることによって成長します。自分の人生にプラスになる病気との付き合い方をお話したいと思います。

日時:9月1日(土)15:00ー16:30
場所:エルマー・ヴァインマイヤー|クラシカル・ホメオパシー
〒 151-0063  東京都 渋谷区 富ヶ谷 1-43-12
参加無料 予約不要