クラシカル・ホメオパシー

お知らせ:LIVING HOMEOPATHY 第4回勉強会


去年11月に発足した勉強会、 LIVING HOMEOPATHY (link)の4回目の講座を案内します。今回は二日間をかけて、ホメオパシーによる急性疾患の手当てを学びます。申込締め切りは11月15日(日)です。今回は、オンラインでの参加も可能です。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「救急医療に生かすホメオパシー」

1日目)2020年11月21日(土)10:00 – 18:00
2日目)2020年11月22日(日) 9:00 – 17:00

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般的に、ホメオパシーは、体調改善を通じて時間をかけながら、ゆっくりと慢性的な不調を治すような治療を得意とする療法だ、というイメージが強いですが、実は急性的不調の処置や手当にも用いられる、即効性に優れた医療でもあります。

人の健康が突然、非常状態に陥ったとき、レメディーの摂取が早ければ早いほど、ダメージが少なく、回復までの時間も短くなります。しかし、緊急事態においても冷静を保ち、落ち着いて対応しながら、正しいレメディーを処方することは容易ではありません。アクシデントの多くの場合、本人や周りにいる人が混乱し、ゆっくりと様子について聞き取りができない中で、ホメオパスはどのようなアプローチで今、必要なレメディーを決めればいいのか。そしてレメディーの処方以外に、緊急状態を和らげるために何をできるのか?

始めに、家、レジャー、スポーツの間に起こりやすい怪我や傷の手当について教えます。その後、さらに重症の救急状態をテーマにします。事故、ショック症状、ギックリ腰、熱中症、喘息の発作、蕁麻疹やアナフィラクシー、そして心筋梗塞や脳梗塞まで、幅広くホメオパシーによって可能な救急処置を学びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【時間】
2020年11月21日(土)10:00 – 18:00
2020年11月22日(日)9:00 – 17:00

【開催場所】
foodelco inc./ミーティングルーム
京都市上京区信富町 298

【参加費】
¥ 55.000(税込)

【申し込みメール】
living@ew-homeopathy.net

申し込みの際、メールで以下の内容を送ってください
①名前(ふりがな)
②生年月日
③郵便番号
④住所
⑤電話
⑥メールアドレス
⑦初めて参加する方は、ホメオパシーに関する経歴/卒業年度と学校名、開業の有無、師事した先生など、ホメオパシーをどのように学んだかについて、簡単に記載してください
⑧参加の動機/本講座を参加したい理由を教えてください。
⑨オンラインでの参加希望の場合は、必ずその旨お知らせください